スポンサーリンク




QUICPayの特徴と使い方・対応店舗・登録時にオススメのクレジットカードまとめ

「お願いタッチタッチここにタッチ♪」のCMでお馴染みの 「QUICPay(クイックペイ)」。耳に残るこのCMを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

端末にタッチするだけで決済が完了する簡単決済は、スマホ決済の元祖ともいえる存在ではないでしょうか。今回は、聞いたことがあるけどどうやって使うのかわからない方へ

QUICPay(クイックペイ)の特徴や使い方、対応店舗や登録時にオススメのクレジットカードをまとめました。

QUICPayについて一通り使いながらチェックしてみたのですが、特徴としては

  • 全国的に展開している企業やサービスで利用できる
  • 非接触型決済でお手軽
  • 対応クレジットカードが多い

と言った点が他のスマホ決済と違う大きなポイントです。

今回は、電子マネー決済「QUICPay(クイックペイ)」について掘り下げていきます!

スポンサーリンク

QUICPay(クイックペイ)の特徴と強み

QUICPayは、JCB株式会社が運営する電子決済サービス。

ソニーが開発したFelicaを採用したドコモのiD(おサイフケータイ)と同様にかざすだけで支払いが完了する非接触型決済です。

もちろんクレジットカードのようなサインも必要なし!
以下にQUICPayの特徴と強みをまとめました。

QUICPay(クイックペイ)の特徴

  • 非接触型決済
  • FeliCa搭載端末専用(モバイルタイプのみ)
  • 全国的に展開している企業やサービスで利用できる

QUICPay(クイックペイ)の強み

  • アプリを立ち上げる必要がない
  • GooglePay・ApplePayに対応
  • 選べるQUICpayの種類(カード・モバイル・キー)
  • 対応クレジットカードが豊富

QUICPayのスマホ決済はFelica搭載端末しか使うことができませんが、カードタイプやクレジットカード一体型であればスマホ決済と同様にQUICPayのかんたん決済をすることができます。

QUICPay(クイックペイ)の使い方

準備編

QUICPayを使うにはまずQUICPay対応カードを取得する必要があります。

QUICPay対応カード会社はこちらから確認できます。

https://www.quicpay.jp/entrance/index.html

種類別によって対応カード会社が異なります。

QUICPay(クイックペイ)の種類

  • モバイルタイプ
  • カードタイプ
  • クレジット一体型
  • キータイプ

 

対応カード発行後、モバイルタイプについてはカードの登録が必要です。

モバイルタイプの登録方法

  • Android端末をお持ちの方・・・Googleplayで「GooglePay」をダウンロード

※Android5.0以降かつFeliCa搭載端末おサイフケータイ アプリ6.1.5以上が必要です。

GooglePayアプリでQUICPay対応カードを登録

  • iPhone・・・iPhone7以降のWalletアプリでQUICPay対応カードを登録

※iPhone7以降のWalletアプリにはQUICPay+が使えるApplePayが搭載されています。

支払い方法

QUICPayの支払い方法はお店の端末にスマホやカードをかざすだけの簡単決済です。

QUICPay(クイックペイ)の対応店舗

代表的なお店を一覧にしてみました。

コンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ポプラ など

レジャー

  • 東京ディズニーランド
  • 東京ディズニーシー
  • キッザニア東京
  • 東京ドーム
  • スパハワイアンズ
  • 富士急ハイランド
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

百貨店・モール

  • ヴィーナスフォート
  • ANNEX
  • KITTE名古屋
  • 近鉄百貨店
  • JRセントラルタワーズ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • Loft
  • 六本木ヒルズ

その他

  • ドラッグストア
  • ガソリンスタンド
  • スーパーマーケット
  • タクシー
  • グルメ

QUICPay公式ページからも使えるお店を検索することができます。

https://www.quicpay.jp/shoplist/

QUICPay(クイックペイ)の登録にオススメなクレジットカード

QUICPayの登録にオススメなクレジットカードはQUICPayの種類によって異なります。
以下に、種類別ポイント高還元カードをまとめました。

モバイルタイプ(Android)

Android端末をお使いの方が登録できるクレジットカードの中で高還元カードはKyashカードです。

利用上限がありますが、Android端末の方は2%還元のKyashカードがイチオシです。

(利用上限:バーチャルカード3万円・リアルカード5万円)

モバイルタイプ(iPhone)

iPhoneの方が登録できるクレジットカードの中で1%以上の高還元カードは以下の2つです。

  • 楽天カード (ポイント還元1%)
  • YahooJapan!カード(ポイント還元1%)

その他(カード型・クレジットカード一体型)

カード型で登録可能なカードの中で高還元カードは以下のとおりです。

  • オリコカード(ポイント還元1% 入会後半年は2%)

QUICPay(クイックペイ)利用上限金額

クレジットカードを登録した場合

  • QUICPayマークのお店・・・2万円(税込)まで利用できます。
  • QUICPay+マークのお店・・・2万円(税込)を超える高額利用もできます。

プリペイドカードとデビットカードを登録した場合

  • QUICPay+マークのお店・・・2万円(税込)を超える高額利用ができます。

※ただし、お店やカード発行会社により異なる場合があります。

まとめ

QUICPay(クイックペイ)の特徴と使い方・対応店舗・登録時におすすめのクレジットカードについて紹介しました。

  • 全国的に展開している企業やサービスで利用できる
  • 非接触式決済
  • 対応クレジットカードが多い

という点が、QUICPayの大きな強みではないでしょうか。

特に、レジャーでは利用する金額が大きくなる傾向にあるため東京ディズニーランドなどメジャーな場所で利用できるのは、利用する側のメリットが大きいですね。

スマホ決済として利用するには、手続きがすこし煩雑な面もありますが、広範囲で利用できるQUICPayはさすが元祖電子決済サービスと言えます。

 

スポンサーリンク

コメント