スポンサーリンク




個人・自営業でも導入できるキャッシュレス決済サービスの種類一覧!おすすめは?

2019年10月からはじまったキャッシュレスポイント還元事業によりキャッシュレス決済は一気に広まり、導入を検討している、また早速導入をはじめた店舗も多いです。

一方個人や自営業の場合キャッシュレス決済サービスの導入となると導入費用も心配で、おまけに種類も沢山あるためどのキャッシュレス決済が個人や自営業にオススメなのか迷ってしまいますよね?

 

今回は個人や自営業でも導入できるキャッシュレス決済サービスの中でも特にオススメのサービスを3つ紹介していきます。

サービス名として具体的な名前を先にネタバレしておくと

  • 利用者が多く初期費用や入金手数料がかからない「ペイペイ(PayPay)」は月額固定費が無料、決済手数料も2020年9月まで無料と簡単にはじめられるのが魅力
  • 店舗や小売店にオススメのキャッシュレス決済サービスが「エアペイ(Airpay)」で、交通系電子マネー決済やQRコード決済などにも対応、初期費用などもかけずにスタート可能
  • コインパーキングで知られているタイムズが運営しているキャッシュレス決済サービスが「タイムズペイ(Timespay)」で、専用タブレットやカードリーダー、プリンターが0円で導入可能、サポートも充実している
  • あまりに数が多いキャッシュレス決済の一元管理を目的としてリリースされたテイクミーペイ「TakemePay」は19種類以上もの決済が一気に可能になる、初期費用0円ではじめられると魅力

 

個人・自営業でキャッシュレス決済の導入をご検討のあなたはぜひご確認ください!

スポンサーリンク

個人・自営業・フリーランスでも導入できるキャッシュレス決済サービス(スマホ決済・カード決済)を一覧で紹介

個人や自営業、初期費用や固定費を抑えるためにフリーランスの場合どのキャッシュレス決済サービスが良いのか悩んでしまうことが多いなと思ったので、まとめておきます。

ペイペイ(Paypay)

ペイペイは「100億円あげちゃうキャンペーン」で一気に知名度を上げたことにより広まっていて、スマホ決済デビューがペイペイからという方も多いです。

  • ソフトバンクグループ株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • ヤフー株式会社

ペイペイはこれらの会社の共同出資によるサービスで規模が大きく、取り扱い店舗が非常に多いのも魅力となっています。

決済はORコード決済やスマホ決済という手段で、申込方法もペイペイ公式サイトもしくはアプリをダウンロード、電話申し込みのいずれかでとても簡単です。

 

ペイペイは

  • 初期費用0円
  • 入金手数料0円
  • 月額固定費0円
  • 決済手数料0円

で導入が可能(決済手数料無料は2020年9月30日まで)なので、初期費用はもちろん、決済手数料も当分はなしではじめられます。

ペイペイの知名度は抜群に高くユーザーからのイメージも浸透しているペイペイで決済したいという要望も多く、その上で導入の費用もなく簡単にはじめられるのが魅力で、個人や自営業の方にもぜひオススメです!

エアペイ(Airpay)

エアペイは店舗や小売店にオススメのリクルート提供によるキャッシュレス決済サービスで、主要なクレジットカードや交通系電子マネー決済はもちろん、その他にも

  • iD
  • QUICPay
  • APPle Pay
  • QRコード決済

に対応しています。

エアペイを導入するだけで様々な支払い方法ができる、さらに現在は初期費用と月額費用がかからず0円でスタートが可能、キャッシュレス・消費者還元事業に自動的に申し込めるのが魅力です。

店先で見たことのある方もいると思いますが、

  • カード読み取り機(7センチ×5センチ、厚さ1.5センチぐらい)
  • iPad

とレジに並んでいるもの。あれがエアペイです。

また現在エアペイは銀行振込手数料が無料となっているためキャッシュレス決済サービス導入のために新しく口座を開設する必要もなく、気軽にはじめられますね。

ただエアペイの問題点としては、連携するタブレット、スマホが必要なのですが

「Androidに対応していない」

という問題があります。

現在行われているキャンペーン中であればカードリーダーとiPad代をなしで導入できるため、Androidしか持っていない場合でも導入は問題なくはじめられるのはメリットです。

  • 導入費用0円
  • iPad・カードリーダー0円
  • 月額固定費0円
  • 決済手数料が業界最安値
  • 動画マニュアルがあり導入が簡単

Androidのみを使っている方には不便なポイントなものの、エアペイ公式サイトからiPhoneを安く購入することも可能なので、会社用に1台購入も検討してみましょう。

タイムズペイ(Timespay)

タイムズペイはコインパーキングで全国的に知られているタイムズが運営しているキャッシュレス決済サービスで、クレジットカードや交通系電子マネー決済にも対応しています。

タイムズペイも現在「新規導入者限定0円キャンペーン」が実施されていて、個人や自営業の方の導入が非常にやりやすく、お得にはじめられるんです。

 

新規導入者限定0円キャンペーンは専用タブレットとカードリーダー、プリンターが無料で導入できる内容となっていて、月額固定費はあるものの1年間は無料となっています。

さらにオススメできるポイントとしてタイムズペイは導入時に専属スタッフによる導入セットアップのフォロー、使い方が分からない場合の年中無休サポートがあるので、はじめての導入や個人での導入で不安な場合も安心です。

 

  • 導入費用0円
  • 専用タブレット・カードリーダー0円
  • 月額固定費1500円(1年は無料)
  • 入金サイクルが月2回
  • サポートが充実している

タイムズペイはこういったポイントが魅力で、個人や自営業での導入に不安を感じている場合も丁寧なサポートがあり安心してはじめられます!

テイクミーペイ(Takemepay)

テイクミーペイは一気に数が増えてきたスマホ決済の一元管理を目指してリリースされたサービスで、導入することで一気に多くの種類のキャッシュレス決済を使うことが可能です。

「世界中の決済を、ひとつに」

というキャッチフレーズではじまり、テイクミーペイを導入することで日本だけではなく世界中の旅行者をターゲットにすることが出来ます。

●テイクミーペイ利用可能サービス

  • ウィーチャットペイ
  • アリペイ
  • 中国銀聯
  • 云闪付
  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカンエクスプレス
  • JCB
  • DISCOVER
  • Diners Club
  • Appleペイ
  • Googleペイ
  • LINEペイ
  • ペイペイ
  • PayPal

テイクミーペイの導入でこれだけのキャッシュレス決済が可能となり、中国で広く使われているウィーチャットペイやアリペイも使えるため訪日観光客にもアピールが可能です。

 

テイクミーペイは

  • 初期費用0円
  • 月額固定費0円
  • 決済手数料が安い
  • 一つの契約で多数の決済が可能

こういったポイントが魅力で、開始時にスマホやタブレット、パソコン、インターネット環境は必要なものの、それ以外には初期費用も一切かかりません。

一方売上の入金は毎月1回となっているので他社と比較すると少なめで、事前にしっかり把握しておかないとキャッシュフローのタイミングで戸惑ってしまうこともあり注意しましょう。

まとめ

個人や自営業にオススメの導入できるキャッシュレス決済サービスはどんな種類があるのか、その詳細について紹介しました。

  • 利用者が多く初期費用や入金手数料がかからないペイペイは月額固定費が無料、決済手数料も2020年9月まで無料と簡単にはじめられるのが魅力
  • 店舗や小売店にオススメのキャッシュレス決済サービスがエアペイで、交通系電子マネー決済やQRコード決済などにも対応、初期費用などもかけずにスタート可能
  • コインパーキングで知られているタイムズが運営しているキャッシュレス決済サービスがタイムズペイで、専用タブレットやカードリーダー、プリンターが0円で導入可能、サポートも充実している
  • あまりに数が多いキャッシュレス決済の一元管理を目的としてリリースされたテイクミーペイは19種類以上もの決済が一気に可能になる、初期費用0円ではじめられると魅力

個人や自営業の場合でも導入できるキャッシュレス決済サービスは以上のようなものがあり、現在はいずれもキャッシュレスポイント還元事業と重なりキャンペーン中で、導入が非常にスムーズ・お得になっています。

店舗向けや海外の訪日客を呼び込みやすいサービスなど特徴があるので、あなたに合ったキャッシュレス決済サービスを選び、上手にはじめていきましょう!

スポンサーリンク

コメント