アリペイの特徴と使い方・対応店舗・登録時にオススメのクレジットカードまとめ

先日、イオンの店舗で「アリペイ・ウィーチャットペイが使えます!」というアナウンスとともに流暢な中国語のアナウンスが流れているのを耳にしました。

それだけ中国の方の利用が多いのかな?と思うとともに日本では、アリペイって使えるのかな?

と疑問に思ったので、アリペイの特徴や使い方、対応店舗や登録時にオススメのクレジットカードなどについての情報をまとめて見ることにしました。

アリペイについて一通りチェックしてみたのですが、特徴としては

  • 中国版電子マネー
  • 日本人はスマホ決済アリペイは日本では利用できない
  • 中国本土で利用するためのスマホ決済

と言った点が他のスマホ決済と違う大きなポイントです。

今回は、アリババグループの電子マネー決済「アリペイ」について掘り下げていきます!

アリペイ特徴と強み

アリペイは、インターネットショッピングモールのタオバオを運営するアリババ・グループのモバイル決済サービスで、グループ子会社のアント・フィナンシャルが2004年12月にサービスを開始しました。

クレジットカードのようなサインも必要なし!支払い時に提示するだけで決済が完了します。以下にアリペイの特徴と強みをまとめました。

アリペイの特徴

  • 中国全土のほとんどの店舗で使えるスマホ決済
  • コード提示で簡単支払い
  • iPhone・Android対応で機種を選ばない
  • 個人間送金も可

アリペイの強み

中国滞在の際にはモバイル決済サービスのAlipay(アリペイ)は必須アイテム
(中国旅行・中国出張・中国への赴任・中国留学など)

アリペイの使い方

ここでは、中国滞在の際に必要になるアリペイの使い方をまとめています。

準備編

アリペイを利用するには、中国内にある銀行口座を開設する必要があります。

口座開設に必要な物

  • パスポート
  • 中国でSMSが使える携帯電話番号(SIMはアマゾン・空港・携帯ショップで購入可)
  • 中国国内の住所(ホテルでも可)
  • 6桁の暗証番号

銀行口座開設の手順は以下のとおりです。

  1. 中国国内の銀行受付で「アリペイを利用したいので口座を開設したい」と伝え申込用紙を受け取る
  2. 申込用紙に記入(パスポートを渡すとほとんどの部分を記入してくれる場合も有。携帯番号や住所を自分で記入する)
  3. 6桁の暗証番号端末で入力する

次に、アリペイアプリの登録を行います。

iPhoneをお使いの方・・・App store「Alipay(アリペイ)」と検索
Androidスマホをお使いの方・・・GooglePlayから「Alipay(アリペイ)」と検索

アプリに情報を登録

Alipay(アリペイ)アプリを起動し「登録」をタップして登録アカウントとなる携帯電話番号とログインパスワードを入力します。

  1. 「登録」をタップすると携帯番号の確認画面が出て来ますので「確認」をタップします。
  2.  検証コードが送られて来るので検証コードを入力
  3. 「送信」をタップすればこれで登録完了です。
  4.  画面右下の「我的」をタップして次の画面の「设置」で支払いパスワード(6桁の数字)を設定  します。
  5. 中国国内で作成した銀行口座を登録
  6. 本人確認情報を入力し送信

チャージ方法

  • 銀行口座チャージ
  • アリペイ個人間送金でのチャージ

支払い方法

  • 実店舗決済
  • ネットショッピング決済
  • 個人間送金
  • 対面支払い
  • 割り勘支払い

アリペイの対応店舗

代表的なお店を一覧にしてみました。

  • アリペイマークのある店舗
  • タオバオ(中国版アマゾン)
  • 投資信託
  • 映画チケット
  • 宝くじ
  • 航空チケット
  • 公共料金等の支払い

アリペイの登録におすすめなクレジットカード

アリペイは基本銀行口座に紐付けのスマホ決済のため、おすすめなクレジットカードはありません。

日本にいながら日本のクレジットカードを利用してアリペイのアプリ登録をすることができますが中国国内銀行口座がないと現状は支払いができないため、あまり意味がありません。

まとめ

アリペイの特徴と使い方・対応店舗・登録時におすすめのクレジットカードについて紹介しました。

  • 中国版電子マネー
  • 日本でのスマホ決済アリペイは日本人は利用できない
  • 中国本土で利用するためのスマホ決済

という点が、アリペイの大きな特徴です。

日本国内での利用は、まだまだ日本人にはあまりメリットがないという印象ですが、中国国内で利用する場合はかなり便利に利用できるスマホ決済であるということは言えます。

日本国内での利用店舗が増えてきている背景から今後アリペイの仕様変更も予想されます。日本にいながらより利用しやすいスマホ決済になることを期待したいです。

コメント